新築注文住宅・地下室・檜・外断熱・リフォーム
東京杉並区・世田谷区 株式会社みらいテクノハウス

お問い合わせ・見学ご予約

TEL: 03-5336-7005

外断熱換気工法の家

外断熱の特徴

株式会社みらいテクノハウス

外断熱の場合、構造体を断熱材で囲んでいますので外気の影響を受けにくいのが特徴です。

また、基礎まで断熱しますので床下は地熱の効果を活かしても温度環境が良くなります。


断熱の仕組み

株式会社みらいテクノハウス

外断熱換気工法は「ウレタンパネル」で、基礎から外壁、屋根と家全体をすっぽり包みこみます。

夏は熱せられた空気や湿った空気を外側の通気層で外部に排出し、冬は室内の温度を一定に保ちます。

その為、寒暖の差が大きく、湿気の多い日本の気候下でも、建物を熱や湿気から守り、長期間に渡って高い断熱・気密性能を維持します。

部屋間の温度差が少ない快適空間は、結露によるカビ・ダニの繁殖や、ヒートショックによる健康被害を抑制します。


断熱の構造

株式会社みらいテクノハウス


『外断熱換気工法』は構造体の外側にウレタン耐熱ボードを張り、つなぎ目を気密テープで止めることにより、隙間のない高断熱高気密住宅が実現します。また、基礎に使用する断熱材には生成時に防蟻材を添加することで断熱材自体に食害を防ぐ効果を持たせていますのでシロアリに対しても安心できます。

内部の通気は小屋裏の温度管理の機械で換気する為一年中、木が低温乾燥する為構造体が長く持つ住宅が実現します。

  

株式会社みらいテクノハウス

屋根裏の子供部屋などで夏の遮熱が出来る方法それが、外断熱換気工法です。

株式会社みらいテクノハウス

吹抜けのある家は、見た目が素敵でも暖房効率はよくありません。しかし外断熱換気方法の家ならそのような心配は要りません。

株式会社みらいテクノハウス

家全体を隙間なく断熱材で包み、外部通気による熱の廃出や、構造部分の内部通気による建物の長寿命化も特長です。

外断熱換気工法は外断熱に外壁通気、内壁換気をプラスした高性能長寿住宅です。

日本は南北に長く、北は北海道の-20℃の厳寒から、南は沖縄の熱帯まで環境は一様ではありません。
私たちの住んでいる東京の城西地区は、冬は零下になる日が数日あるくらいで厳寒とはいえませんが、自然環境の変化だけでなく、最近の夏は熱帯夜が多くなってきたとか、春先の花粉の飛散、車の排気ガスによる空気汚染などが気になります。 

このような環境の中で住宅も単一な装備をしていればよいのではなく、その変化に合わせて対応しなければなりません。
「外断熱換気工法」はこの城西地区の環境に合った限定オリジナル商品で、みらいテクノハウスが自信をもっておすすめします。 

上の表は不快指数を表していますが省エネルギーの観点から冬は室温20℃湿度45%以上に保てば快適ゾーンに入り夏は室温28℃湿度45%以下か室温27℃湿度55%以下を目標に断熱材、換気、冷暖房の全体的な組み立てで快適環境を実現します。

   [夏環境時のシステム]
夏を涼しく過ごすためには、外気を遮断することも大事ですが、暑い日差しを遮ることが一番の命題となります。外断熱の家では高性能な板状断熱材を屋根には45mm、外壁には40mmを入れ、その外壁に空気層を設けています。屋根の瓦やコロニアルは日中70℃の高温になりますが、この空気層により排熱と暑い板状断熱材により室内に熱を入れません。また、断熱材の両面にはアルミ箔が貼られていますので、輻射熱を反射します。これにより外部から浸入する熱の内29%をカットすることが出来ます。 

すき間風による熱の浸入は断熱材の突合せのシーリングと断熱気密サッシの採用により防いでおります。夏で一番の問題は窓からの熱の浸入でなんと全体の27%にも及びます。最近のモダンなプレハブ住宅には軒や庇が付いていないものも見受けられますが、エアコンという機械に頼って自然に出来る涼しい生活を否定しています。みらいテクノハウスでは南面の大きな開口部の上には最低でも60cm以上の庇をつけております。 

[熱帯夜の時のシステム]
基本的には冬モードと同様に、建物全体を外部と遮断してエアコンと計画換気により室内環境を整えます。また、粉塵の気になる環境でしたらエアーフィルターの設置も可能です。

[冬環境時のシステム]
冬を暖かく過ごすには、高性能な断熱材で家全体をスッポリ包むことが一番です。ところが、断熱材の性能を上げてゆくと今度は断熱材の外側で結露を起こします。この結露水が建物の寿命を縮める原因となります。
みらいテクノハウスの板状断熱材は水蒸気を通さないので結露は発生しません。また、万が一発生したとしても外壁の通気層により外部へ強制排出され、内部を濡らすことはありません。
すき間風を徹底的に防いだ室内には、計画換気システムにより新鮮な空気が24時間供給されます。
冬の床冷えは、換気口から浸入してきた冷気が床根太を冷やし、床材を冷たくすることにより起こります。みらいテクノハウスの外断熱では、基礎の外周にも断熱材を入れます。また、基礎には換気口はありません。冬場の冷気は床下には入ってきませんので、床暖房は不要です。   

[良い季節のシステム] 

春秋の季節の良いときは、部屋の窓を開いてください。
湿気が滞りがちな床下は換気扇による攪拌と一部排気により空気が通り、土台、大引き、根太と構造材を乾燥させます。木造の建物は常に乾燥させることにより、家の寿命が何倍にもアップします。
外壁通気、内壁換気工法は主に夏場の建物のムレ対策として機能します。日差しで熱せられた屋根や外壁は輻射熱を室内に放出します。熱くなった空気は上に上がり屋根の棟から排出されることにより空冷されます。閉じた内壁はそのまま放置すると腐りを助長します。
計画換気で取り入れた空気の一部を床下や壁にいれて換気扇で外部に放出することで常に乾いた状態で保てますので長寿住宅が実現できます。 

お問い合わせ
モデルハウス見学予約
賃貸併用
地下室研究所


QRコードはこちら

会社名 株式会社みらいテクノハウス
住 所 〒168-0072
東京都杉並区高井戸東4-1-3
電話番号 03-5336-7005
工藤建設
山長商店